Loading...

Jan 26, 2018

日本で1週間で記録的なケースが発生したという流行の流行



日本ではインフルエンザの流行が激しく、1週間の患者数は288万人に達したと推定されている。


先週の日曜日までに1週間に報告された医療機関当たりの平均患者数は51.93で、1999年に比較可能なデータが入手可能になって以来最高となっている。昨年の同じ週の数字は28.66だった。


この病気は子供や若者を特に苦しめており、日本全国で108校と5,737授業が一時的に閉鎖されています。


このデータは、全国の5,000の診療所による報告に基づいています。厚生労働省によると、診療所当たりのインフルエンザ患者数の平均は前週の26.44からほぼ倍増し、ベンチマークである30を上回ったため、当局は警告を出すよう促した。


日本でのインフルエンザワクチンの生産が遅れたため、不足しており、13歳以上の人には1回のみの服用を勧めた。現在の供給量は依然として昨シーズンの需要を上回っているが、一部加盟地域に株式不足が残っていることを加藤勝信相は認めた。



過去5週間に検出された最も一般的なウイルスは、2009年にパンデミックを引き起こした新しいタイプA株とタイプBでした。 2月にはB型インフルエンザの症例が増え始めるが、今シーズンにはすでに患者数が急増しているという。


5〜9歳のインフルエンザの患者は59万人で、10〜19歳の患者は40万人、40歳の人は29万人、5歳未満の子供は27万人と推定されています。


都道府県別に見ると、宮崎は84.97、福岡は83.99、大分は82.40、佐賀は69.64と続いています。それらはすべて南西日本にある九州地方にあります。



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿