Loading...

Feb 13, 2018

日本での釈放後、より多くの違法移民が勾留された

共同通信によると、2020年の東京オリンピックに先立って日本が安全保障を強化しているため、違法に日本に滞在している外国人は、条件付きで釈放された後、収容所に戻された。


そのような外国人の数は、彼らが働くことの禁止に違反したために、5年間で4倍の上昇を示した。しかし、彼らの支持者は、彼らの多くが亡命希望者であり、仕事なしでは生きられないことを考えると、治療を「非人道的」と呼んでいる。




この動きは、日本の難民申請者に対する支配を強化しようとする試みとして見ることができ、難民に閉鎖されたとして国際的に批判されることが多い。国は、2016年に申請者のわずか0.3%に過ぎない難民として28人しか認めなかった。


日本では、在留資格を持たず、強制的に追放される外国人は原則として一時的に拘束されます。自国が拒否した場合、または難民認定を求める場合は、すぐに送還されません。


そのような外国人の中には、留置期間、身体状態およびその他の理由により拘置所から「暫定的に」釈放されているものもある。法務省の関係者によると、彼らは働かないという条件で解放が許されている。


彼らの亡命要求が拒否された場合、または就労が認められた場合、彼らは勾留されます。


日本の当局は、最近まで厳格に規則を実施しておらず、明らかに亡命希望者は生計を立てる必要があることを認識していた。


同省の資料によると、再拘禁された人の数は、2012年に121人から2016年には474人に増加した。2017年9月時点の人物数は434人であった。


一方、暫定的に釈放された受刑者の数は、4年前の2,645人から2016年末には3,555人に増加した。 2016年に解放された外国人の約半数が亡命申請をしていました。


東京地方入国管理局(東京地方入国管理局)内の50人の部署が自宅訪問などの生活を監視するために、暫定公開の際に外国人の監視を強化している。


「外国人が犯した犯罪が増えれば、オリンピックに冷たい水が流入する可能性がある」と政府関係者は述べた。しかし、当局者は、違法移民が犯罪の数を押し上げる原因となっていることを示す具体的なデータはないと認めた。


12月、日本弁護士難民ネットワークは、釈放された不法移民の生活状況を侵略的な方法で調査することを中止するよう求め、この行為は亡命希望者に苦しんでいると言いました。


"私は働かなくてもどうやって暮らすことができるの?難民認定を申請し、再拘禁されたばかりの12月にちょうど解放された48歳のクルド人Kilic Metinは、Kyodo Newsに語った。


メチン氏は1997年、トルコ政府がテロ組織として認定したクルド人労働者党との関係を疑われた後、人生が危機に瀕していると感じ、トルコから逃亡した。


しかし、日本政府は亡命希望を5回拒否している。


昨年8月、暫定釈放の期限を延長することができなかったため、彼は拘束された。メティン氏は、調査のために同社を訪れた入国管理官によって建設会社で働いていることが分かったという。


彼は12月に解放され、現在は東京近くの埼玉県のアパートに住んでいます。彼は拘留中に6キロを失った。彼は、再び拘束される恐れの中で働くことはできず、貧困状態にあるトルコの家族には何も送金することができないと言います。


彼らの支持者によれば、多くの不法移民を釈放して生計を立て、自殺した者もいる。


支持者の一人は、「彼らの働きを禁止することは、人権を侵害して生きる権利を剥奪することだ」と述べた。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com