Loading...

Mar 14, 2018

新しく設計された観光列車が京都で発表された

新しく設計された観光列車が京都で発表された photo


京都の電車オペレーターが水曜日、巨大な金色の楕円形のデザインを前面に出した新車を発表した。


Eizan Electric Railway Co.は、3月21日のEizan Mainラインでの打ち上げ2週間前に、ひれの電車をメディアに紹介した。この列車は、京都の中心部から富士山までの観光ルートの新しい観光名所になる予定です。滋賀県の日本最大の湖である氷河と琵琶湖。


列車は火曜日を除く40分ごとに運行されます。追加料金なしでは、楕円形の窓と広い座席を備えた電車に乗ることができます。



インテリアは、発光ダイオードデバイスを備えた豪華なデザインです。オペレーターは、日本の元首都京都を訪れた外国人観光客の増加する需要に応えるために、英語や中国語などの外国語でより多くの旅行情報を掲載しています。


「鉄道を利用する国内外の観光客が増えていますが、多くの人が新しい列車を体験してもらいたい」とEizan Electric Railwayの関係者が語った。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com