Loading...

Jan 4, 2018

日本の交通死亡者は2017年に3,700人を下回って減少



警察庁は、交通事故死者数が2017年に3,694人と過去最高を記録したことを受け、


この数字は、比較可能なデータが1948年に入手可能になってから1970年の16,765のピークの約5分の1に位置しているため、前年度から210に減少したという。


警察当局者は、昨年3月に施行された交通違反や道路交通法の改正による警察の摘発、運転免許を更新する高齢者の新たな痴呆検査の拒否などによるものだ。


65歳以上の死亡者数は、前年度から118万人減少して2,020人となったが、その割合は依然として全交通死者の54.7%であった。


酔っ払い運転に関連した致命的な交通事故の件数は、5.6%減の201件となった。


昨年11月までの道路死亡者数の分析によると、1,171人(歩行者数)で1.0%減、次いで乗用車が1,106人、自転車が436人であった。


道路死亡者数は1970年にピークを迎えたが、日本では信号と道路標識が不足していたが、警察の強化と道路状況の改善の結果、数字は減少した。


車両所有者と運転手数の増加に伴い、経験の浅い運転手の安全教育が強化されたことにより、交通死亡者数は再び1988年に10,000人を超えて減少しました。


それ以来、日本の交通犠牲者は減少傾向にありましたが、高速道路での車両の誤動作や間違いによる加速など、高齢者の死亡者割合は増加しました。


この問題に取り組むため、政府は高齢者に自発的に運転免許証を返すよう奨励しており、企業は事故を防ぐために他の技術の中でも自動ブレーキを開発している。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com