Loading...

Nov 17, 2017

2011年以降の低レベル放射性廃棄物の処分福島の危機が始まる



福島県は、2011年の福島原発で発生した低レベルの放射性廃棄物を、大地震と津波によって引き起こされた危機から6年以上前に処分した。


福島県の処分場では、放射性セシウムが8,000ベクレル〜100,000ベクレル/キログラムを含む廃棄物の最初の出荷を受け入れました。これには、藁、汚泥、廃棄物焼却灰が含まれます。


環境省は9月末現在、全国11都道府県で約20万トンの廃棄物の処理を担当している。福島第一原子力発電所を主催する県内には、17万トンの廃棄物の大半が県内にあります。


省庁の方針では、廃棄物は各都道府県で処分される。しかし、福島は処分が始まった唯一の県であり、他の都道府県は地元住民からの反対があった。


福島県では、県内に溜まった廃棄物を処分場に持ち込むのを終えるのに6年かかるだろう、と大臣は述べた。


中川雅春環境大臣は、記者会見で、「(国家)は、安全を確保し、処分を適切に実行し、地元の信頼を得るために最善を尽くす」と述べた。


政府は、2013年12月に福島県に、現時点では民間企業が所有する現場に低レベルの放射性廃棄物を処分するよう提案した。その要求は2年後に都道府県に受け入れられた。


地方住民の処分に対する懸念を緩和するため、政府は敷地を国有化し、雨水の侵入を防止するためにその土地を強化した。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com