Loading...

Nov 14, 2017

来月、上野動物園で展示される東京生まれのパンダの子猫

来月、東京動物園で6月に生まれたジャイアントパンダの子どもの公開展示が来月から始まり、多くの来場者が訪れる予定です。


上野動物園では12日、19日に女子の「翔翔(Xiang Xiang)」を展示し、週末に避けてパンダの囲いの周りに過度の渋滞を避ける計画だ。動物園の福田豊監督は、子猫の6ヶ月間の健康診断の結果、最終決定が下されると述べた。


(東京動物学園協会)


動物園によれば、1988年にそこに生まれた "You You"以来、上野動物園でこの長い間生き残った最初のベビーパンダになりました。


1988年12月24日に出産してから約半年後に初めてあなたに公開されたとき、動物園には約12,000人の訪問者が詰め込まれ、男性のパンダの子を垣間見ることができました。


訪問者数は後にさらに増加し​​、翌月にピークに達し、1日で約7万人に達しました。


上野動物園の関係者は、翔翔氏はYou Youよりも注目を集めており、動物園は過去5ヵ月間のベビーパンダの成長を示すビデオや写真を絶え間なく発表していた。


「多くの人が(Xiang Xiang)を見に来るかどうかを予測することは難しい」と同関係者は語った。


動物園がある国、特に東京の台東区では、6月12日に新生児が出産してから約5年後に新生児の誕生を祝った。


近くの企業は、ベビーパンダが観光客を引き付け、地域経済を刺激することを期待しています。


地元のショッピングアーケードで構成されている組織の上級職員である千葉隼人は、新生児が出産してからすでに顧客数が増加しており、赤ちゃんが展示されるとさらに成長する可能性が高いとしている。


「誰もが熱心に待っている」と言われている。


5,000人のパンダデザインのキーホルダーを買い物客に贈り物として提供しています.Xiang Xiangの名前の発表に続いて、3万の類似商品が配布されたときに人気を博しました。


いくつかの地元企業は、動物園でパンダを取り巻くマーケティングを長年にわたって行っており、2008年に「霊陵」死亡後の動物がいないと、上野のショッピングエリアへの訪問者数は15%上野観光連盟事務局長の茅野正博氏によると、


「それ以来、私たちはパンダを保護する町として統一された」とカヤノ氏は語った。 「翔翔が展示されると、私たちの街は動物園で訪問者を歓迎するものになるでしょう」


観光団体は、パンダ商品を販売する店舗やパンダテーマの食べ物を紹介する地図を作成するほか、Xiang Xiangと記念写真を撮るためのアプリを開発する。


動物園では、鳥の状況を翔翔に知らせるために、訪問者と同様の方法でエンクロージャーを歩いているスタッフが、子猫のディスプレイの準備を始めました。


動物園の訪問者数の増加を見越して、動物園はパンダケージ近くの喫煙エリアを閉鎖し、動物園を完全に禁煙にすることも決定しました。



©KYODO


By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com