Loading...

Sep 25, 2017

ラグビーワールドカップ、オリンピックの前に東京で開催された反テロ訓練



警察は、東京都内のスポーツ競技場で、2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピックなど、大きなスポーツイベントで化学攻撃を起こすテロリストのシナリオをもとに、


今回のイベントに先駆けて、テロリストの取り組みの一環として、2020年東京オリンピックとパラリンピックの主競技場の近くに位置する秩父宮記念ラグビー場で、暴動団員をはじめとする約1,000人が参加した。


この訓練は、約800人の労働者を抱える近くのオフィスビルに爆弾が植えられ、テロリストがスタジアムの観客席にサリン、致命的な神経ガスを分散させたとの前提で行われた。


爆弾処理チームは、爆薬を搭載した爆弾を建物のロボットアームで安全な場所に移動させたが、核・生物・化学のテロ対策に取り組む特別警察は、サリンガスを処分し、周辺地域を汚染除去した。


東京警察は、「ソフトターゲット」やスポーツ競技場、学校、映画館、ショッピングセンターなど多くの人を引き付けるが、厳しい安全対策を講じないとテロ攻撃に比較的脆弱な民間サイトでの安全確保を強化している。


東京都港区の地方警察署長の深野義之は、「世界的な注目を集めるスポーツイベントは、テロリストの標的にすることができ、テロ攻撃を防ぐために市民と協力する必要があるだろう。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿