Loading...

Oct 12, 2017

日本南西部に2,000メートルの火山噴煙が灰を送る



宮崎市では火口が噴火口の約2,000メートル上がり、南西部の火山が2日目に噴火し続けたという。


富士山鹿児島県と宮崎県の国境にまたがる新聞は、水曜日に6年ぶりに噴火し、気象庁に火山警戒レベルを上げさせた。


宮崎の少なくとも3都市と1町で灰が落ちた。


2011年9月に最後に1,421メートルの山が噴火しました。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com