Loading...

Dec 28, 2017

Amazon Japanは誤解を招く「参考価格」に対して行動するよう命じた



Amazon.comの日本のユニットは、水曜日の消費者ウォッチドッグで、小売サイトで誤解を招く「参考価格」に対する予防措置を講じるように命じられた。これにより、顧客は、提供される製品が廉価だと間違って結論づける可能性がある。


アマゾンジャパンが運営するオンラインショップでは、日本の甘酒や車両ブレーキオイルなどの商品の販売価格が大幅に下がったため、参考価格が表示されていましたが、実際の価格は商品のステッカー価格、消費者局によると。


甘酒は6月から7月の間に参考価格3,780円でボトル当たり956円(8.4ドル)の値札をつけたが、実際には小売価格は600円だった。


ブレーキオイルについては、2016年9月から今年6月までの参考価格は4,640円だったが、メーカー希望価格は3,300円だった。


同社は、このような誤解を招くような価格を再び表示しないために、米国のオンライン小売業者の日本陸軍に対して行政命令を出した。


代理店の関係者は、「参考価格は、消費者が価格が高いかどうかを判断する際のベンチマークでなければならない」とし、「日本最大のオンライン小売サイトで誤解を招く表現が見つかったことは残念だ」と述べた。



©KYODO



By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com