Loading...

Apr 23, 2018

6月の規制緩和により日本で離陸する「Minpaku」宿泊サービス



2020年の東京オリンピックとパラリムニクスに先立ち、日本での「ミニパク」事業を開始する新たな法律により、6月から地方自治体に通知するだけで、不動産所有者は観光客に自宅を貸し出すことができる。


この法律は外国人観光客の急増とそれに伴う宿舎不足に対処するためのもので、東京のゲームに向かう傾向が続くと予想されています。


近年、日本は2017年に2800万人を記録し、2020年には4000万人の目標を設定している。


日本では家庭での宿泊が認められていますが、ホテルビジネス法では免許が必要でした。規制が緩和されている新法は、6月15日に施行される前月、登録が開始された。


政府は新しいシステムを説明するウェブサイトを立ち上げた。都道府県や指定都道府県に必要な書類を提出してください。登録は中央政府のサイトからオンラインで行うこともできます。


しかし、まだいくつかの制限が残っています。レンタルは年間最大180日に制限されており、オーナーは登録者の登録、衛生状態の維持、近隣住民からの苦情への対応など、政府のウェブサイトに記載されている規則を遵守しなければなりません。


地方自治体は、現地の状況に応じて、独自の制限を設定することもできます。

京都議定書では、2月に市議会が、住宅地のミニパク賃料を1月15日から3月15日まで制限する条例を可決した。


岡山県西部の倉敷市は、観光客に人気の街の歴史地区で、ミニパク事業を完全に禁止しています。


ミニパク事業の見通し、特に地方自治体の対応に関しては不確実性が残っているが、企業は新興市場で新たな機会を開拓しようとしている。


楽天(株)、楽天(株)、旅行会社JTB(株)、鉄道オペレーター慶應(ケオ)などが業界に参入したほか、米オンラインレンタルサービス「エアブンブ」がリクルートホールディングスminpakuビジネスのために多数の住宅やアパートを確保しようとしている。


セブン - イレブン・ジャパンは、JTBとの提携により、ミニパク事業に参入し、外国人観光客がコンビニエンスストアでルームキーを受け取り、返却することを許可している。


一部の企業はまた、新法の下で所有者の負担を負うように提案している。


東京に拠点を置くMatsuri Technologies社は1月、インテイラーが滞在したい場所にある花火ディスプレイにアクセスするための英語メールを受け取りました。メールのやり取りでは、松里のスタッフが、墨田川の花火大会を毎年開催し、「会場は徒歩40分」と書いていることを確認した。


約500室のミニパクルームを管理している松里は予約を処理し、オーナーの質問に答えます。 「キーが見つからない」「ヒーターをつける方法がわからない」などのツーリストからの質問が多いため、10人以上のスタッフが昼夜を問わず回転しています。


ミニパク市場で競争が激化している。場所や価格に加えて、質問に対する回答の迅速性は観光客を引き付ける重要な要素です。


「ホテルと違って、ミニパク施設にはフロントデスクがなく、オーナーとの直接のコミュニケーションの欠如は致命的になる可能性がある」と吉田慶太(25歳)松里会長は語った。


minpakuのための中間のウェブサイトは質問に答えるために取った時間を示し、観光客は応答が速い機関を好む傾向がある。新法の施行に先立って、松里はより多くの観光客を誘致するための自動電子メール返信と翻訳機能を含むコンピュータシステムを開発した。


また、財団法人や地域住民とのトラブルを避けるための法律や習慣を学ぶ人々のための新しい資格が生まれました。


2016年10月以降、資格を取得した日本の適正宿泊施設促進財団によれば、法定措置が拒否されたと認められた者は400人を超えています。


財団のマネージングディレクターの大月一太(39歳)は、資格認定プログラムは「秘密のミニパク施設を廃止することで、業界の健全な発展に貢献する」ことを目標としている。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿