Loading...

Dec 7, 2017

東京オリンピックのマスコット候補3人が子供たちの投票で発表

2020年の東京オリンピックとパラリンピックの主催者は木曜日に3組のゲームの最終候補マスコットを発表し、オリンピックでは最初に子供たちに最終的な選択をさせる。


初めに選ばれた公式のゲームのロゴが盗作の主張を受け、組織委員会にそれを取り払い、選択プロセスを最初からやり直すように促した後、日本全国の小学生が好きなマスコットの投票に投票する革新的な選考プロセスが導入されました。


小学生の投票は、選考過程をより透明にし、子供たちがゲームについて熱狂するようにすることを目的としています。公式のマスコットは、2月28日(月曜日から2月22日まで)の投票の後、2月28日に発表され、各クラスは1票ずつ投票する。


オリンピックとパラリンピックのためのキャラクターのペアは、東京の渋谷区の小学校の式典で、子供たちから拍手と喝采を受けました。


3組のうちの1組は、両方のマスコットに正式なロゴと同じデザインのチェッカーパターンを使用します。


(cTokyo2020)


2つ目はオリンピックのキャラクターで構成され、その中には神社によく写るキツネの特徴と、伝統的には日本では幸運を招くと信じられた猫と石を刻んだパラリンピックのためのマスコットがあります神社に設置された保護犬。



(cTokyo2020)


3番目のペアはオリンピックのための古代日本のカンマ型のビーズデザインと、パラリンピックのために日本の画像に頻繁に出現するアライグマの犬であるキツネです。


(cTokyo2020)


赤羽裕太郎氏(11歳)は、式典で「日本の本質を伝えるマスコットが欲しい。世の中には大きな責任がある」と語った。また、門口春菜さん(11)は、「大人はいつもいつも選ぶことができるから、子供たちが選ぶことができるというのが光栄だ。私は自分の意見を聞いて、他の人の意見を聞き、決断を下す」と語った。


日本の約21,000の小学校が投票に参加する資格があり、水曜日に既に3,655の学校が投票に登録していた。


組織委員会は、8月1日から14日に公式に募集された公式のマスコットデザインのために2,042件の応募を受けました。玩具、マンガ漫画、アニメーションエキスパートの上映に続いて、98組に絞られ、16匹、専門家の


選ばれたマスコットの名前は来年の夏にリリースされる予定です。


東京オリンピック組織委員会の森義朗社長は、「(オリンピック・パラリンピック)マスコットを選んだのは、生涯の思い出を子供たちに残すことが重要だ」と述べた。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com