Loading...

Jan 5, 2018

日本は初めて2017年に5,000人以上の梅毒患者を報告

日本では、1999年に比較可能なデータが入手可能になって以来、2017年に初めて5000人以上の梅毒患者が報告された。


東京都では、患者の約30%を占めているため、首都病院は早期に治癒可能であるが、未治療のまま放置すると深刻な結果をもたらす病気を含むため、4月から無料で梅毒検査を開始する予定である。


日本は初めて2017年に5,000人以上の梅毒患者を報告 photo

(疾病予防予防センター)


2017年12月17日現在、日本の梅毒患者の総数は、国立感染症研究所によると、2016年の4,518件から5,534件に増加しました。性感染症に罹患している人々の数の増加の原因は不明である。


地域別では、東京が1,705人、大阪府が788人、愛知県が325人、神奈川県が312人であった。


東京都は、2020年に東京オリンピックとパラリンピック大会に先立ち、病気のさらなる拡大を防ぐため、2018年度の予算で、より多くの自由で匿名の検査を行い、梅毒の治療経験が限られている医師を養成するための資金を出しました。


梅毒はトレポネーマと呼ばれる細菌によって引き起こされます。初発段階では、この疾患は、生殖器領域および唇のような患部にわずかな腫瘍しか存在せず、抗菌薬で治癒することができる。


しかし、未治療のまま放置すると、感染は結局、体全体に炎症を引き起こすだけでなく、進行するにつれて脳や心臓の合併症を引き起こす可能性があります。


妊娠前または妊娠中にこの病気に罹った妊婦は、それを赤ちゃんに渡すことができます。先天性梅毒と呼ばれるこの病気は、死産や髄膜炎や皮膚発疹などの幼児に影響を及ぼす症状を引き起こす可能性があります。



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com