Loading...

Sep 26, 2017

東京の映画フェスティバルのハイライトの中でゴアの気候変動続編



東京で開催された第30回東京国際映画祭では、アル・ゴア前米国務副大臣の気候変動関連ドキュメンタリーの続編と中国の有名な監督、陳凱歌による日中のコラボレーションが記されている。


10月25日から11月3日までの今年の祭りは、日本の首都で、映画「鋼の錬金術師」と詩文彦が監督し、2人の兄弟の旅についてのベストセラーの日本の漫画シリーズに基づいて開かれる。


ファンタジーアクション映画には、ヘイ!のメンバーである山田良介が登場!いう! JUMP、日本のポップアイドルグループ。


30年の祭りを記念して、陳氏が指揮する「怪物伝説の怪物」も特別オープニング映画として展示される予定です。この作品は、爆乳玉川のバブル作品によるベストセラーの日本の小説に基づいており、Shota Sometani、Abe Hiroshi、Huang Xuanなどの日本と中国のスターが登場します。


このフェスティバルは、ジョン・シェンク(Jon Shenk)とボニ・コーエン(Bonni Cohen)監督の「不都合な続編:権力への真実」で終わります。 2006年にオスカー賞を受賞した映画「不都合な真実」へのフォローアップです。


彼の環境活動主義で知られていたゴア氏は、2007年のノーベル平和賞をUNの気候変動パネルとともに獲得しました。彼は祭りのために日本に来る予定です。


東京GP最優秀賞を受賞した本大会部門では、88の国・地域から1,538タイトルから15作品が選出されました。


5人の陪審員が、米国の俳優と映画監督のトミー・リー・ジョーンズによって率いられます。エントリーの中には、マレーシアからミャンマーで逃亡しているロヒンギャ族の少数派グループの窮状についてのマレーシア入り口の「Aqerat(We the Dead)」など、アジア、ヨーロッパ、中東の他の地域からの作品2作品が収録されています。


2つの自家製映画は、日本の女優松岡麻衣をフィーチャーしたロマンチックなコメディで、ポルノ女優のさくらマナと小説をベースにした「The Lowlife」です。



「The Lowlife」ディレクターのTakahisa Zezeは、ポルノ女優の個人的な生活に光を当て、「ポルノの映像が日本の日常生活にどのようになっているか」をテーマにしていると語った。 Zezeの "Heaven's Story"は、2011年のベルリン国際映画祭で批評家賞を受賞しました。


「アジアの未来」では、フィリピンの「殺害の権利」やタイの「どこからも誰か」など、アジアと中東の出身監督からの10作品が展示されます。


映画フェスティバルの久松武雄氏は、今年のイベントでは映画を「広げ、力強く、啓発する」という3つのビジョンを反映したラインアップを発表した記者会見で語った。


予定されている番組の1つは、東京フィルハーモニー管弦楽団の1954年のオリジナル「ゴジラ」映画のライブパフォーマンスです。


昨年と同様に、フランスの2015年アニメーション国際アニメーション映画祭で長編映画部門で審査員賞を受賞した「Sarusuberi:Miss北斎」を冠する日本のアニメーションを紹介するセクションがあります。


江戸後期文化研究員杉浦ひな子の漫画をもとに、江戸時代の有​​名画家葛飾北斎の娘O-Eiと女性画家の話を紹介する。


原作の映画「クレヨンしんちゃんちゃん」の原作2作品をはじめ、原作の作品とともに、「サルスベリ:ミス北斎」を上映します。


原氏は、「この機会には感謝している」と語り、外国人の視聴者が映画について語ることを熱望していると付け加えた。彼は「この映画祭にはいつかアニメーション映画のためのコンペセクションがあることを願っています」と続けた。


4年連続では、歌川恵比須子による「おとこたて花の吉原」のパフォーマンスと、パルメ・ダ・ヴィンチを獲得した日本映画「地獄の門」の上映を行い、歌舞伎を特集した特別イベントが行われます。 1954年、カンヌ映画祭で最優秀賞を受賞。




©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿