Loading...

Oct 5, 2017

東京オリンピックトライアスロン大会、安全限界の21倍

東京オリンピックトライアスロン大会、安全限界の21倍 photo


【東京20日共同】2020年東京オリンピック及びパラリンピックのトライアスロン会場で行われた最近の水質調査では、大腸菌(E. coli)が21日までに公衆衛生当局の認可を受けた水準に達したと発表した。


首都圏の関係者は、8月21日の雨の中、日本の首都で記録的な降水量を記録したため、下水施設の処理能力を上回る降水量は雨水で希釈された下水を海洋に放出する可能性がある。


調査は、7月から9月の26日間、2020年のトライアスロンと水上スイミングの開催地であるお台場マリンパークで行われました。


室伏浩二委員長は、記者団に対し、会場の変更の可能性を否定しながら、気象条件に応じてイベントの日時の変更を検討できると述べた。


「提案された改善策は十分であり、会場を変更する必要はない」と室伏氏は述べた。


東京都は、水質改善の一環として、2010年から2012年にかけて実施された試験の結果、海洋から流入する糞便大腸菌の量を1層または2層のスクリーンで減少させることを確認した上で、三層水中スクリーンの設置を検討している雨が降っている間は90%。


昨年のリオ五輪では、セーリング場での水質汚染が国際的な懸念を引き起こしました。


水質問題については、国際オリンピック委員会(IOC)と東京組織委員会でも議論され、IOC副議長のジョン・コーツ氏が出席し、日中首脳会議で2日間のプロジェクトレビューが行われた。


「今年の天気が非常に悪いため、読書は必要なものではなく、都会の政府から最悪の状況であってもそのことを確実にするために何を計画しているのかを探しているIOCの2020年東京オリンピック調整委員会委員長を務めるCoates氏は、「この2つのスポーツにおける選手の健康は偏見がない」と語った。


©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com