Loading...

Apr 23, 2018

米国のセクシュアルハラスメントに関する懸念:報告



ワシントン - 米国務省は、金曜日、職場で「広範囲に」残っていると述べ、日本のセクハラについて懸念を表明した。


この見解は、日本の財務省最高責任者が女性記者を性的に嫌がらせしたとの主張を終わらせることを決めた2日後に発行された、世界中の人権に関する年次報告書で表現されている。


国務省は、2016年の日本の保健省調査を引用して、2017年の国別人権実践報告では、フルタイム・パート・アルバイトの女性の30%が日本で働いて性的嫌がらせを受けていると報じた。


セクシュアルハラスメントを除いて、女性は職場における不平等な扱いについて懸念を表明し、女性の平均月給は日本の2016年の男性の約73%であるという報告書によると、


また、雇用主が妊娠中の女性を強制的に退職させるケースが日本でも続いている、と述べた。


ジョン・サリバン米国務長官は、国務省は、女性、先住民、宗教少数派などの人権侵害に焦点を当てていると述べた。


サリバンは、最も重大な人権記録を持つ国としてシリア、ミャンマー、北朝鮮、中国、イラン、トルコ、ベネズエラ、ロシアを特定した。


このレポートには、米国を除く約200の国と地域が含まれています。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿