Loading...

Jan 19, 2018

ムーミンの質問バッフル入学試験

東京で行われた2018年の大学入試では、日本で人気のあるムーミンズの本やコミックシリーズに関する質問に、高校生と一般の間で混乱と論争が起こった。


小学生は、1月13日と14日に行われた国立大学入試試験の地理学のセクションで、スウェーデン、ノルウェーの言語と文化の類似点と相違点についての知識をテストしたところ、フィンランド。


多肢選択式の質問は、スウェーデンに拠点を置くアニメーションショーの一例であり、「どのくらいの費用がかかりますか?スウェーデン語で、1965年のムーミン(Moomins)アニメーションのカバのようなキャラクターと、フィンランド語とノルウェー語の同じフレーズの横にある子供向けのビッキーバイキング(Vicky the Viking)のイメージを示しました。


学生はノルウェーやフィンランドに「ムーミンバリー」が設置されているかどうかを問う必要がありました。テストセンターはフィンランドを正解とみなした。


ムーミンの質問バッフル入学試験 photo


しかし、主人公のMoomintrollと彼の偏見家族とその友人を描いたシリーズの作者であるTove Janssonはフィンランド出身であったが、Moominvalleyの実際の場所は明示的にはシリーズには載っていない。


1月13日と14日に試験を受けた学生のなかには、日本でトップのTwitterトレンドとなったハッシュタグ#ムーミン許すなところで、「この質問のためにテストを爆破した」などの迷惑と不満があった。


基本的な教育を修了した高校生の学力をテストすることを目的としたこの試験は、著しく集中的であり、大学に受け入れられるかどうかの重要な要素となり得る。


テストセンターは、「問題はムーミンのキャラクターに関する知識を直接必要とせず、地理学のセクションで必要と考える能力を適切にテストし、テストテイカーに何の支障も与えないと確信している」と反発した。


オンラインでは、バイキングは現在ノルウェー、スウェーデン、デンマークのものから来ているので、ムーミン人の設定に対する答えは、フィンランドの排除の過程であると主張した。しかし、他の人たちは、バイキングのヴィッキーさえノルウェーで公式には設定されていないと指摘した。


ムーミンの日本の公式ウェブサイトは、1月16日、Janssonの読書から引用した「ムーミンバレーの居住者になる」との声明を発表した。


「ムーミンバレーはこの世界に存在するのではなく、現実とは別の幻想の世界に存在する」と述べた。


このシリーズは、1960年代にテレビ番組として放映されて以来、日本で人気があります。今日、ムーミンのキャラクターとそのカラフルな世界は、衣服、カップ、おもちゃで全国的に発見され、ムーミンテーマパークは東京の近くで近年オープンします。


フィンランド大使館のマーカス・コッコ報道官は、「この試験でフィンランドとムーミンが日本に持ち込まれ、日本に見えるのはうれしいです。私たちはそれがポジティブだと感じています。フィンランドはムーミン、ムーミンはプラス。



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com