Loading...

Nov 3, 2017

イワンカ・トランプは働く女性を助けるための改革を求めている



女性との関係を強化するために、女性労働者に不均衡な影響を与える「伝統的で厳格なビジネス文化」を克服しなければならない、との見通しを示した。


「働く女性の割合は劇的に増加しているが、企業の期待はあまりにも停滞している」と彼女は日本訪問の際の女性のエンパワーメントに関するシンポジウムで演説した。


ドナルド・トランプ米国大統領の長女は、「事実、毎日の通勤通勤、自宅での子どものどちらか、あるいは両者の組み合わせを問わず、すべての女性が働いている女性だ」と述べた。


米国と日本の参加率が向上している一方、同国は「自立することはできない」、「限られた経済圏の女性に権限を与える一方で、自国の改革を続けなければならない」と述べた。



安倍晋三首相は、世界銀行主催の女性起業家ファイナンス・イニシアチブに5000万ドルを拠出し、7月の20の首脳会議で設立された基金を発表すると発表した。


安倍氏は、この基金に対する強い支持を表明し、日本は「女性のエンパワーメントの旗印を高く保ち、この問題に関して強い指導力を発揮することを決意する」と述べた。


イワンカ・トランプ氏は、このイニシアチブは、「開発途上国の女性起業家に権限を与えることは初めてである...世界の女性起業家生態系の生態系に大きな影響を与える首都、ネットワーク、指導者へのアクセスを提供する」と語った。


日本では、父親からの日曜日の3日間の訪問の前に、彼女は金曜日の金曜日に夕食会を予定している。


女性のための第4回年次総会での演説では、科学、技術、工学、数学の分野で女性を含めることの重要性と、世界中の法的および文化的障壁を分解し、必要な女性を制限する必要性を強調したそうすることから家の外で働くこと。


彼女は、日本の男性と女性の職場参加のギャップを埋めるために、アベの「女性医学」を歓迎した。


この取り組みの下で、日本政府は、2020年までに女性が保有する国の指導的地位の30%を目標としている。


「現在、就労年齢の女性の66%が(日本の)労働力に入っており、大幅な改善を示しています。私の知る限りでは、安倍総理の日本に対するビジョンのために大きな成長を続けるでしょう。首相の経済政策に言及して、彼女は言った。


安倍晋三の約束にもかかわらず、世界経済フォーラムは、「グローバル・ジェンダー

Gap Reportによると、日本は144カ国のうち114カ国に3カ所落ち、7カ国先進国グループの中では最悪となった。


Ivanka Trumpは、世界銀行のクリスタリナ・ジョージエヴァ最高経営責任者(Kristalina Georgieva)を含む国内外の60人以上の政治、ビジネス、国際組織代表者がシンポジウムに参加しました。


3日間のシンポジウムは水曜日に始まりました。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com