Loading...

Jan 5, 2018

築地の魚市場では新年オークションが開催される

東京の築地市場である築地の魚市場では、10月に新しい場所に移転する前に、街で最も有名な観光スポットの1つである新年オークションが行われた。


青森県大熊市のクロマグロ405キログラムは364.5百万円(323,000ドル)、キログラム当たり90,000円となった。大丸のクロマグロは体重190kgで3040万円、1キログラム当たり160,000円と最高値を示した。


築地の魚市場では新年オークションが開催される photo


築地市場の設備が古くなったことで、東京都は豊洲近郊の沿岸地区に移転する予定です。市場は1935年以来築地で稼働している。


新豊洲市場は当初、2016年11月7日に開港する予定だったが、小池百合子東京都はガス生産工場で以前使用されていた土壌や大気汚染の懸念の中で計画を後押しした。


首都圏と企業の協議のあと、2018年10月11日の新規開設日が設定された。


現在の築地市場は、2020年の東京オリンピックとパラリンピックの輸送拠点に再開発される予定です。



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com