Loading...

Apr 18, 2018

日本の17メートルの雪の壁を持つアルプス観光ルートがオープン

東京都北アルプスの立山山脈を巡る観光ルートが月曜日に開かれ、雪壁の一点に道路の両側17メートルの高さが見える。


富山県の立山町と長野市の大町市をつなぐ立山黒部アルパインルートは、山と谷と滝のメガネが人気です。



6月22日まで、除雪作業で作られた雪の雪の多い雪の壁の横の道を歩くことができます。標高2450mの立山室戸高原を鍛えられています。


和歌山県西部から来た小倉裕介さん(32)は、「私はその大きさにとても驚いていました。


この季節のための37.2キロメートルの観光ルートの開幕は、激しい吹雪のためにある日戻った。


外国人観光客の増加を考えると、このルートオペレーターは、11月末までのシーズン中に、1年前に約7万人の訪問者が訪れると見込んでいます。




@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿