Loading...

May 4, 2018

2020年東京のマスコットデザイナーが景勝路からインスピレーションを引き出す

2020年東京のマスコットデザイナーが景勝路からインスピレーションを引き出す photo


東京2020年オリンピック・パラリンピック大会の公式マスコットのデザイナーである谷口亮さんが10代の海外留学を考えていた時、彼のイラストレーターの父親は賢明な道を歩いた。


谷口は、未来的で文化的な文化に根ざした2人のキャラクターが全国および海外の小学生によって選出された彼の父の呼びかけに敬意を表し、彼のキャリアパスを決めた。


カリフォルニア州カブリロ・カレッジで美術専攻として4年間の学位を取得するために、彼はアメリカに向かった。福岡在住の祖父は、父親ゆたかの影響を受けて育ちましたが、高校で普通の教育を受けていただけです。


「海外の職業学校に出向こうと思っていたが、父と相談したところ、彼は「それは良いことではない」と話した」と、東京の共同通信社とのインタビューで語った。


「職業学校では短期間で目標を達成することができますが、私のお父さんは「海外留学に行くならば、迂回路を取ることもできます。 (芸術の大部分)、「彼は私に言った。


2020年東京のマスコットデザイナーが景勝路からインスピレーションを引き出す photo


谷口氏は、海外で学んだことの半分以上がスケッチとアートのファンダメンタルズの大まかなものだと語った。彼は水彩画、アクリル、石膏などの技術を学んだ。現在、彼の作品は企業の英語の教科書や日本の展覧会で紹介されています。


偶然、彼は昨年2月にFacebookに2020年の東京マスコット大会があることを知った。


東京オリンピック・パラリンピックの主催者が、2017年5月にマスコットデザインの提案を発表したとき、谷口は自分の帽子をリングに投げると決めた。


「提案を提出したいと思ったのは、(東京オリンピックとパラリンピック)ロゴの「ichimatsu moyo」のチェッカーパターンを使っていることだ。東京ゲームだから日本スタイルが必要だと思った」


江戸時代(1603-1868)に人気を博した伊豆松モモをモチーフに、オリンピックマスコットの頭が武士のヘルメットに似ているという考えを打ち明けたという。


「公式のアプリケーション要件が出てくるまで、私はそれを大まかに描き、そのアイデアをバックバーナーに残した。その後、私はそれを修正し、私のオリジナルデザインに基づいて作った」


彼の2人のスーパーヒーローのキャラクター - 古代の伝統と新しい革新を代表するオリンピックのマスコット、そして桜の花形 - パラリンピックのマスコット - は、全国大会の2,042のエントリーのレビューの後、昨年12月にショートリストされた3つのデザインセットの1つでした。


東京2020のマスコットは他のキャラクターと同様の特性を持っていますが、谷口氏は自分の目に注目し、群衆からの傑出した作品を目立たせるように言いました。


"キャラクターは私が通常描くものと大きく異なるわけではありませんが、いくつかの別々のアイパターンを描こうとしました。他の人が描く文字の大部分は、2つの点です。 、" 彼は言った。


谷口氏は、「日本のサブカルチャー」が好きな東京ゲームズに訪れる外国人観光客も意識していると語った。


「私は日本の自然、伝統、そして未来を統合しています。それはセールスポイントなので、日本語だけでなく、その要素もあります」


2020年のオリンピック・マスコットは未来的なビジョンを持っており、常に最新のニュースや情報に常に繋がっています。それは瞬時にどこにでも移動することができる特別な力を持っています。


パラリンピックのマスコットは、「威厳のある内的な強さと、自然を愛する親切な心」を持っています。物事を一目で動かす力があります。


2月28日に勝者が発表される前に、約650万人の小学生が12月11日から2月22日の間に3つの短編デザインの投票を行いました。


マスコットの競争は、日本と海外の日本の学校で広く宣伝されました。 16,000を超える学校の200,000クラスが選択プロセスに参加しました。谷口の勝利のデザインは、他の2つのファイナリストを合わせて109,041票を獲得した。


谷口氏は、東京2020の意味で、日本の観光産業拡大のための大使になることを期待しているマスコットが、東京の2020年を意味するものなのかを問うと、「ロゴのようなキャラクターがゲームの顔になるだろう、ゲートキーパー。


後に7月か8月にデビューするクリエイティブプロフェッショナルのパネルによって名前が決定されるマスコットは、谷口のために専門的に道を開いた。しかし、賞賛には責任がある、と彼は言った。


「勝利して以来、私のキャリアで威信を得てきたので、大きなプラスとなった。同時に、私は多くのプレッシャーと責任を負っている...今はさらに集中しなければならない」


2020年東京のマスコットデザイナーが景勝路からインスピレーションを引き出す photo


谷口さんはキャラクターの名前付けに関与しないが、翌日に出席予定のスクリーニングで、さまざまな提案を聞くことを楽しみにしていると語った。


「私は日本のリングが付いているが、世界中の人々に受け入れられる名前のあいまいな考え方を持っている。名前はおそらく短くて覚えやすいはずだが、私は自分自身の名前について具体的な考えはない」


東京2020はマスコットの知的財産権を現在所有していますが、東京大会の後、国際オリンピック委員会と国際パラリンピック委員会に放棄しなければなりません。


マスコットや他の商品やライセンスの機会からかなりの暴れがあるかどうかはまだ分かりません。東京2020の関係者は、総収入のうち電子メールで、マスコットやオリンピックのエンブレムなど、ライセンス供与から約1億3000万ドル(約140億円)が出ると予測している。


マスコットは、東京2020がどのように成功したかによって、東京ゲームの遺産として残ることができます。


「キャラクターを選んだ小学生たちが成長するにつれて、4年ごとにオリンピックの東京オリンピックのマスコットを覚えてくれることを願っています」と谷口氏は言います。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com