Loading...

Nov 20, 2017

長野県長治屋の黒蕎麦とそばアイスクリーム



大抵の場合、江戸時代の蕎麦きりを国に紹介した長野より、そば麺を食べる方がいいでしょう。


長野を訪れる人の多くは、軽井沢、善光寺、松本城、県内にある無数のハイキングコースやスキー場など、県のマーキー名の一部に魅了されています。しかし、それは大丈夫です。小麦町そばの主菜千代屋(正式名称 - 老舗丁子庵 - ShiniseChōjiya)


ちょうち屋の背後にいる人々は、1808年から信州蕎麦を作っています(信州は "長野"の旧名です)。現在のレストランは、1885年(明治18年)に建てられた建物に収容されています。すっきりとしていても、古くなって見える木の木(keiyaki)でできた黒いスタッコで仕上げられた美しい建物です。中には豊かな森があり、昔ながらの雰囲気を醸し出す照明はほとんどありませんが、麺のためにここに来る多くの現代の観光客にとっては魅力的です。土曜日の午後2時ごろ、こどもの通りに人がいなくても、ちょうど詰まっています。




太陽が出ていなければ、11月初旬の日本のこの地域では寒いので、このダイナーは「暖​​かい」そば麺のリストから注文したいと思っていましたが、代わりにChoujiyaの専門店明らかに。


残りの党は紫色大根おろしそば(ムラサキ大根蕎麦)で、典型的なオフホワイトではなく紫色であるが、このダイナーはくるみそば(クルミソバ - クルミ)を選んだ。







クルミは、ほとんどの場合、すぐに破砕されますが、チョイジャのスタッフは、食堂が乳棒と乳鉢で挽いていくために1〜2つのチャンクを残します。これが終わったら、あなたの麺を浸し始める前に、地上のクルミに醤油を加え、いくつかの刻んだタマネギを振りかけるだけです。




この蕎麦屋さんが初めて体験した興味深いタッチで、そば麺が枯渇した残りのお湯の鍋がテーブルに持ち込まれました。ダイナーはこれを残りの「浸漬ソース」に加えてポストヌードルのホットドリンクを作ります。




私は「そばアイスクリーム」のコンセプトがどれくらい前に戻ってくるのかよく分かりません。たぶん、日本の企業がそのようなものを味わう仲買人のための市場があることを認識したときに限り、しかし、私の冷笑を片側に残して、私は昔の新酒そばの経験をより精妙な気分にして、そばのアイスクリームを提供することを奨励しました。私はそれを周りに共有して、「蕎麦」が味わい深く進んでいるかどうかを確認しました。私はいくつかの確かな安心感を与えられました。「はい、少し後味があります。」個人的には、やや珍しいバニラ・バイブが増えていました。それでも、それは十分に素敵な味でした。


荘厳町は、江戸時代に使用されていた古い北国街道(北国街道)を止める誇りを持った歴史を持つ小諸町の中心にあります。北国街道は、日本の5つの江戸路線の一つではありませんが、長野市内の天草寺から軽井沢の旅人まで、中曽根とつながる歴史があります。今日の古い道路は、ルート18号線が新潟県南部の上越に至るまでおおむね辿っています。





老舗丁子庵 - ウェブ上の慎重ちゃん




地図:



By Tomuu
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿