Loading...

Dec 18, 2017

東京動物園はパンダの猫翔翔の公開デビューを祝う

東京の上野動物園では、巨大なパンダの翔翔(Xiang Xiang)の公的なデビューを記念するイベントを開催し、中国大使の夫人を含め約130人のゲストを招いて記者会見した。


チェン・ヨンファ国家主席駐韓大使のワンワン氏は、「翔翔は健全な成長を遂げ、平和と友好の使節になることを願っている」と述べた。中国は第二次世界大戦後に二国間関係が回復した1972年にパンダを日本に贈り始めた。


(プール写真)


「(2011年)東日本大震災の影響を受けた子どもたちが翔翔と会う機会を得ることを願っています。


式典の後、ゲストといくつかの幸運な子どもたちは、待っていた母新シンとのデビューの前日、翔翔を見る機会を得ました。


福岡市の上野動物園園長は、「このイベントを29年ぶりに国民と分かち合うことができたことを光栄に思う」と語った。



動物園で生まれたジャイアントパンダが初めて出演したのは、1988年、Yu Yuという名前の子猫が発表されたときです。


小池ゆり子知事は、月曜日に鳥を見た後、「彼女はたくさんのエネルギーを持っている。彼女はかわいいボトムを樹木に登り、竹を彼女の口に入れた。


約6ヶ月前に生まれたリリに育つ翔翔は、動物園によれば、147グラムの出生体重から12キログラム以上にまで肥育している。


(プール写真)


動物園は毎日400人の訪問者に時間を割り振るための宝くじを行った。 1月31日まで、1日2時間半の飼育を予定しており、動物園ではXiang Xiangを圧倒することを避けるために数を制限している。


24万7000件以上の応募があったため、動物園はXiang Xiangの囲いの中からライブビデオをインストールしました。そのため、忘れた人はまだ動物園の最新の星を見ることができます。



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿