Loading...

May 24, 2018

西部の島で日本で初めてのタクシーサービスを開始



ユーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies Inc.)は、今夏、日本の巨大タクシー市場への本格参入を目指して、外国人観光客と住民を対象とした西側島で初めてのタクシーサービスを開始すると発表した。


淡路島のパイロットプロジェクトは、兵庫県と共同で来年3月末までに、入札された地元のタクシー会社を利用して実施する予定です。ユーザーは、原則として、島内で優雅なタクシーを乗ることになると、それは言った。


Uberは、20社以上のタクシー会社と業務提携を結び、淡路島のプロジェクトが2020年の東京オリンピックとパラリンピックに向けて事業を拡大する見通しであると、Uberのチーフ国際的な業務のためのビジネス・オフィサー。


「これは非常に小さいように見えるかもしれませんが、始めての場所として、それはそういう考え方ではありません。何年も何十年もの我々はここで輸送事業における世界クラスの技術だと思う」と、EntwistleはKyodo Newsに語った。


「この日本市場は、Uberの世界的な最大の戦略的優先事項の1つであり、今後数年間、株式公開を目指して理想的に進めていきます。


淡路島のパイロットプロジェクトでは、ユーザーはスマートフォンアプリでタクシーを呼び出すことができ、乗車予定時刻と到着予定時刻を知ることができます。


兵庫県神戸から約30分、大阪から車で約1時間の淡路島には約14万人の人口があります。観光庁は自然環境、料理、温泉を推進しています。


自家用車を含むUberの乗り継ぎサービスは日本の規制によって挑戦されているため、米国の輸送ネットワーク会社はタクシーオペレーターとの協力に焦点を移しています。


Uberは現在、リムジンサービスを東京のリムジンに提供しています。自家用車を利用したライドシェアリングは、限られた場所、例えば北海道と京都府のいくつかの農村部でのみ許可されています。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿