Loading...

Nov 27, 2017

日本北部の洗い流されたボートにある8体

海上保安庁は、秋田県の海岸沿いに漂着したボートで、八つの遺体が発見されたと発表した。


海岸警備隊によると、日曜日の朝、ビーチで発見された木製のボートは、北朝鮮から来た可能性がある。最近の同様の事件で、日本海沿岸に漂着した未確認船の最新発見である。



(大賀市)


ボートは先週発見された北朝鮮の漁船とは形状が異なり、最新のケースの70キロメートル南にあるマリーナで発見された。先週洗ったボートは8人の男を運んでいたが、その後船は消えた。警察は両方のケースを検討している。


日本海沿岸警備隊は先週、先週金曜日、沖合の海上で最新の船が発見されたが、悪天候が近づくのを妨げているため、検査することはできなかった。一部の遺体は骨にまで縮小されている、と付け加えた。


月曜日の朝、ボートを見た68歳の女性は、救助隊員がストレッチャーを使って次々と体を持ち歩いたと言いました。 「私はこのような悪い状態でボートを見るのに驚いた。


今月初旬、石川県の能登半島にある2隻の転覆船から北朝鮮人3人が救助され、7体が回収された。秋田の北、青森県では、ハングルの手紙を載せた木造ボートも漂流していた。



©KYODO


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿