Loading...

Mar 17, 2018

日本は放送法における政治的公平条項を廃止しようとしている

日本は放送法における政治的公平条項を廃止しようとしている photo


安倍晋三首相は、放送局が政治的公平性を確保し、競争を促進し、番組を多様化することを要求する法律条項を廃止することを検討している。


政府はテレビやラジオ番組の規制を緩めることで、より多くの企業が放送市場に参入するのを助けることを目指しているが、党色の強い放送局ができれば論議を呼び起こす可能性が高い。


政府は公衆の安全と道徳に悪影響を及ぼさず、政治的公正であり、事実を歪曲してはならず、問題点をできるだけ多くの角度から明確にするという日本の放送法第4条を廃止することを計画している矛盾する意見があります。


しかし、民間放送局の上級職員は、「政府は、おそらく、行政のために発言する放送局を作ることを望んでいる」と述べ、この条項を削除するよう警告した。


第4条を取り巻く様々な意見のため、政府が実際に条項を廃止できるかどうかは不明である。


第4条は、政治家や官僚が、放送局が政府の解釈によれば、放送局が放送局の義務を負うと判断した場合、電波の使用を中止するなどの行政措置を講じることができるため、その条項に違反した。


放送業界の中には、潜在的な虐待を恐れて記事を廃止することを好む人もいるが、他の人は多分多様化している一方的な番組に懸念している。


米国では、1987年に放送公平の原則が廃止された後、テレビやラジオの番組がより強い党色を発達させ、社会部門を支援していると言われています。


この文書によると、政府はオンライン放送と従来の放送局に現在適用されているさまざまな規制を統一する。従来の放送事業者に現在許可されている簡単な著作権手続きは、オンライン放送のために拡大される。


日本の公衆放送局NHKは、日本放送協会とも呼ばれ、番組編集分野は維持され、TVとインターネットの両方で同時に番組を放送することが許可される。


計画の下では、番組編集やその他のコンテンツサービスを扱う事業者、放送機器を扱う事業者は完全に分離されている。伝統的なビジネスセクターではなくビデオ伝送などの機能に応じて異なる法的制度が適用されます。


この改革は、「様々な放送局が互いに競争することによって、魅力的な番組を消費者に提供することができる成長市場を作り出すだろう」と同文書は述べている。


政府は、電波放送の依存度の低い番組流通ネットワークの構築を目指す文書として、既存の放送事業者に割り当てられた電波の一部を返還させる考えがあると考えられているより良い利用が可能になるだろう」


1月以降、「放送事業を抜本的に見直す必要性」について繰り返し言及している。内閣府の規制改革推進協議会は改革を検討しており、政策提案は5月頃の報告書にまとめられる見通しだ。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com