Loading...

Feb 20, 2018

米国の戦闘機が日本北部の湖に燃料タンクをダンプする

米国の戦闘機が日本北部の湖に燃料タンクをダンプする photo


火曜日に米国の戦闘機が火災を起こし、日本の北部の湖に燃料タンクを投棄した、と小野寺一則国防相が言いました。


怪我は報告されていないが、長さ4~5メートルの外部燃料タンクは、青森県の小川湖の漁船から約400メートル上ったという。


米国の戦闘機が日本北部の湖に燃料タンクをダンプする photo


小野寺氏は、三沢空軍基地から離陸した直後の午前8時40分ごろ、F-16戦闘機がエンジン火災を発生させたとの情報を伝えた。安全に元に戻りました。


安倍首相は、「安倍晋三官房長官は、安倍晋三官房長官との会談で、「米国の安全保障上の理由から、投棄されたと考えている」と述べた。


漁師によると、燃料タンクが脱落した場所の近くには、4〜5隻の漁船があった。


事故当時の湖畔の漁師の一人である山田雅彦さんは、「大きな雨が降ったのを見て驚いた。


米国の戦闘機が日本北部の湖に燃料タンクをダンプする photo


同省によると、当局者は、湖に浮かぶ燃料タンクの一部であると考えられる石油や物を見た。


この事件は、日本の米軍機に関連する一連の事故や事故に続くもので、主に米軍施設の大部分を占める沖縄で起きている。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com