Loading...

Jan 23, 2018

ギャラリー:4年ぶりの大雪

東京は1月23日に起きて、前日から累積していた雪の20センチを上回り、4年間で最大の雪が降り、ビジネスと交通が混乱し、日本の首都で約360人が負傷した。


1月22日に雪が降り始め、2014年2月以来初めて東京で大雪が発生した。


ギャラリー:4年ぶりの大雪 photo


観光客は東京の浅草寺の入り口を過ぎて歩きます。一方、両国国技館体育館の外では、新年グランドトーナメントの9日目に着物の相撲相談員がいます。


ギャラリー:4年ぶりの大雪 photo


多くの企業では、バスや鉄道の利用が減っている中、従業員は1月22日早く仕事を辞めることができ、一部の高速道路は閉鎖された。



JR渋谷駅の外にあるバス停には、人が家に帰ってくるのを待って長い列ができます。


ギャラリー:4年ぶりの大雪 photo


混乱していたにもかかわらず、JR渋谷駅の近くにある雪吹きの忠実な犬八子の彫像を使って、中学生が雪を楽しむなど、東京では珍しい雪を楽しむ人もいました。


ギャラリー:4年ぶりの大雪 photo


何百もの国内線と国際線、特に東京の羽田空港発着の航空会社はキャンセルされました。


ギャラリー:4年ぶりの大雪 photo


東京付近の成田空港では9,000人以上が夜を過ごし、羽田では2,800人が滑走路の閉鎖を余儀なくされました。


ギャラリー:4年ぶりの大雪 photo


1月23日の朝、東京は白で覆われていた。


ギャラリー:4年ぶりの大雪 photo


午前の通勤者は、氷の多い滑りやすい道路を通って仕事をしているので、JR職員は新宿駅の外に雪を降らせる。


ギャラリー:4年ぶりの大雪 photo


1月23日から日本列島を流れる冷たい空気が1月27日まで続く冬季の強い気候パターンは、今度は北海道から北陸にかけての日本海沿岸に大雪と強風をもたらす全国の気象機関。


ギャラリー:4年ぶりの大雪 photo



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com