Loading...

Feb 8, 2018

日本中部の大雪でまだ700台近くが孤立している



東京都渋谷区の福井県の雪上車道に680台ほどの車が停泊し、地上自衛隊の幹部らが逃げ出した。


福井県と近隣の石川県では、豪雪が交通や列車の荒廃を引き起こし、道路に1時間に約1500台の車が停滞した。


福井県の災害救援法適用後、約900人の陸上自衛隊職員が動員され、重機を使わずに国道8号線沿いの雪を取り除く作業を行った。



陸上自衛隊によると、路上の牽引車の数は、水曜日の夜までに17キロの長さで約680に減った。


都道府県が道路の近くに設置した医療救助隊を疲れを訴えている14人が訪れたが、深刻な健康上の問題はなかった。救急車で3人が病院に運ばれた。


日本海沿岸の北陸地方の広い地域で雪を降ろすために働いていたが、富山市の道路運行に携わるフォークリフトは、40代の男性を殺してしまった。地元の消防士によると、この作業中に富山県、石川県、福井県で16人が負傷した。


国道が車両に乗っている中、中部日本高速道路は、道路に平行して走っている北陸自動車道の一部を無料で利用していた。


北陸自動車道と東急北陸自動車道のいくつかの区間は強制的に閉鎖され、雪により全98回の列車運転が中止された。


石川県の小松空港で全42便がキャンセルされ、北陸地方の能登・富山空港で複数の便がキャンセルされました。




@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿