Loading...

Mar 23, 2018

75歳以上の日本の高齢者の半分以上:政府のデータ



高齢者人口の半分以上が75歳以上の高齢者で、医療や介護の緊急課題に取り組む必要があるとの政府の見通しによると、日本の高齢化は新たな水準に達した。


総務省の3月1日の予備人口統計によると、年齢層の人口は1770万人と推定され、65歳から74歳までの人口は1764万人と初めてであった。


人口が急増する中で、社会保障費の急増は、中央政府と地方政府の財政にますます重くなっています。


日本は、2025年までに75歳以上の人口が2180万人に達すると予測している国家人口社会保障研究所の見積もりを考慮すると、安定した医療と高齢者ケアシステムの開発と、一人暮らしの高齢者。


このデータによれば、75歳以上の人口は全国人口の12%にあたる14.0%であり、女性は1,077万人、男性は693万人である。 65歳から74歳の高齢者は全人口の27.9%に上昇した。


85歳以上の人口は559万人で、女性は387万人、男性は173万人であった。


日本が直面している重大な問題は、長期介護である。保健省は、2025年度には38万人の介護者が不足すると見込んでいる。


厚生労働省は、痴呆高齢者の数が2012年の462万人から2025年には700万人に増加すると予測している。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com