Loading...

Apr 11, 2018

開かれた刑務所から逃げた有罪の泥棒

【松山市長】昨夜、愛媛県今原市の刑務所から逃亡した窃盗犯が27日、逮捕された窃盗犯から27歳の男性を希望者リストに入れた。


平松龍馬は、松山刑務所の大井造船所(日曜夕方には珍しい開放型刑務所)から離れ、広島県の尾道に逃げた可能性があると盗まれた車が盗まれていると判断した平尾に橋の近くで使われていた。



平尾は昨年12月、造船所で任期を開始した。司法省によると、1961年に設立されて以来、造船所は周辺の壁を持たない日本の4つの刑務所施設の1つであり、19人が逃げ出した。


日曜日の午後6時10分ごろ、ヒラオが逃げ出した。彼はスリムで身長は約173センチで、黒い髪が短く、当時は黒いスウェット、ズボン、白いジムの靴を着ていたという。


平安の後、警察と呼ばれる刑務所労働者は、午後7時から自由時間にラウンジに出ることに失敗し、彼のセルから行方不明になった。警察は、刑務所1階の廊下にある鍵のない窓から逃げた可能性があると疑っている。


車と現金は、刑務所から約1キロ離れた家から盗まれたことが判明し、午後8時半頃に尾道橋付近で発見された。


大井造船所は、日本の刑務所施設の中でも珍しいもので、常時監視することなく収容しています。そこに送られた囚人は、刑務所休憩や自殺を試みたことがないという記録を持っています。


司法省は、月曜日に監視を見直し、松山刑務所でも同様の問題が起きないようにする特別委員会を設置した。


警察当局者は、開かれた刑務所は反復犯罪を防止するのに効果的だが、そのような施設には適切な特別なセキュリティシステムが必要だと語った。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com