Loading...

Feb 1, 2018

任天堂、米国のスタジオでアニメーションマリオの映画を作る



米大ヒット映画「スーパーマリオブラザーズ」の世界をベースに人気キャラクター「マリオ」を主演したアニメ映画を公開すると発表した。


映画の共同制作者は、Despicable Meシリーズで知られるCaliforniaベースのIlluminationの創設者兼CEO、Chris Meledandri、任天堂の代表取締役宮本茂です。


この映画はユニバーサル・ピクチャーズによって世界各地に配給され、任天堂で映画の資金を調達する予定です。 Nintendoによると、そのリリース日はまだ決定されていない。




任天堂の君島辰巳社長は、「東京の記者会見で、世界の人々を笑顔にする素晴らしい作品を作りたい」と語った。


また、木曜日に、京都に本拠を置くコンピューターゲーム大手は、9月にスイッチゲーム機の有料オンラインサービスを開始すると述べた。


毎月の契約プランは300円(2.74ドル)、3ヶ月プランは800円、12ヶ月プランは2,400円となります。


また、Nintendo Switch Onlineのスマートフォンアプリも配布しています。



@京堂



By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com