Loading...

Nov 9, 2017

東京水族館で1,000本以上の魚が見つかった

東京の大手水族館が、酸素欠乏のため最大の魚釣りの中で魚のほとんどを失ったという。


サンシャイン水族館は、サンシャイン・ラグーンの大型タンクの魚の94%を占める1,235匹の魚が死亡した後、木曜日に手術を再開した。


大量の死亡は、水族館がバブルを生産するための洗浄装置を停止した後に行われ、病気にかかった魚を治療するために水に添加された化学物質の有効性を高める。


(イメージ提供)



火曜日に夕方までに何も異常がないことが確認されたが、警備員は翌朝、多くの死んだ魚に気づいたという。


オペレーターによると、ゼブラサメを含む23種のうちの73匹の魚だけが生き残った。


水槽の長さは12メートル、幅9.6メートル、高さ2.4メートルで、約240トンの水を保持することができます。


事件の前に、ペンギンとシールを含む550種の23,000の生物を保有していました。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com