Loading...

Sep 24, 2017

70年代のブームボックスが復活し、新世代を引き付ける

70年代のブームボックスが復活し、新世代を引き付ける photo


ビニールの最近の復活に加えて、デジタル時代の人気を得ている1970年代のもう一つの後退は、boomboxポータブルミュージックプレーヤーです。


ラジオカセットプレーヤーは古い世代の間で懐かしく見られますが、マシン自体が恐竜と考えられていても、若者にとって新しくて新鮮なものを表しています。


8月に東京の西武渋谷百貨店で開催された「大型ラジオカセットプレイヤー」では、24歳の五味拓也の目が輝き、棚の裏地に並んで不器用な音楽家のラインナップをチェックしている。


「彼らは大きくて重く厄介ですが、それは彼らがユニークな理由です」とゴミは言いました。ゴミは1年ほど前にブームボックスを購入しました。趣味としてギターを演奏する会社員のゴミは、彼が練習するときにカセットの音を楽しんでいると語った。 「機会の雰囲気を記録することもできる」と彼は語った。


日本では、1960年代からラジオカセットレコーダーの製造が開始された。ジャパンオーディオ学会によると、この機材の携帯性により、屋外で音楽を聴くことが可能となり、広く普及しています。


しかし、インターネットの出現は人々が音楽をどのように消費したかを変え、ブームボックスはすべて影にぼやけた。


日本電子情報技術産業協会によると、1989年度に約610万台を突破したラジオカセットレコーダーの国内出荷は2010年度に約110万台に急減した。


カセットの音をもう一度聞きたいと思っている世代からの需要や、おそらく初めてラジオカセットレコーダーを体験している若者の需要によって、現在のマシンに対する興奮は高まっています。


この展示会を主催した西武百貨店の運営者であるソーゴ&西武によると、40〜50代の男性が多く、多くの若者が集まりました。主催者は、「懐かしいアイテムに注目が高まっている」と述べた。


製造業者は気づきが遅れていない。


今年6月、ソニーはシンプルなポータブルCDラジオカセットプレーヤーの販売を開始しました。


昨年、日立マックスウェルは、70年代に人気があった売却カセットのデザインを複製し、限られた数の販売を可能にした。


この展覧会を監督した家電製品のコレクター、松崎純一(57歳)は、デジタル音楽が最高の時代にもアナログデバイスが復活していることを確認した。


「人々はデジタル音楽を聴きたいだけでなく、多くのプラットフォームで音楽を聴きたいと思っています。レコードやその他のアナログ商品の魅力が広がっています。


ブームボックスが人気を集めているのは、「彼らのユニークなデザインや、自分の性格を表現する楽器になる他のもの、そして強いファッション要素がある」というものです。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com