Loading...

Mar 2, 2018

日本はフィギュアスケーター羽ユに権威ある賞を授与する



日本政府は、オリンピック金メダリストの羽生柚珠(フィギュアスケート選手)が2度目のフィギュアスケートで人民賞を授与することを検討している。


安倍晋三首相は記者会見で、政府が関連手続きを開始するよう指示したと発表した。政府は専門家の意見を聞いて正式な決定を下す。


先月の韓国の平昌冬季競技場では、重傷を負ったにもかかわらず60歳以上で初めての男子フィギュアスケート選手となり、重傷を負ったが、クォードの完全練習をすることができなくなった。



須賀官房長官は、今回の羽生氏の業績は、「日本人にスリルと勇気を与え、社会に希望をもたらした」と述べ、2011年3月の強力な大震災から23年大人のフィギュアスケーターが仙台で活動しています。


4歳でフィギュアスケートのキャリアをスタートした羽生は、7年前にマグニチュード9.0の地震と津波の後に避難しなければならないなど、彼の人生で数多くの課題に直面しました。


彼はロシアの2014年ソチの試合で金メダルを飾る日本人として初めての男になった。


2つの世界選手権金と4つのグランプリ最終ゴールを獲得したトロントに本拠を置くスケーターは、合計得点、ショートプログラム得点、フリースケート得点で現在の世界記録を保持しています。


吉野雅義災害復興大臣は、「授賞式が公式に決定されれば、被災地で人々を応援するうえで楽しいことだ」と歓迎した。


1977年に設立されたPeople's Honor Awardは、スポーツ、エンターテインメント、文化の成果で25人の個人と1グループに与えられました。


2月には、政府が日本の伝統的な将棋と羽生義春、飯山裕の2つのチャンピオンに授与されました。


競技大会では、レスリングチャンピオンの飯尾香織さんも、オリンピックで4度目の金メダルを獲得した初めての女性レスラーとして、2016年にリオデジャネイロの夏季オリンピックに続き、この賞を受賞しました。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com