Loading...

Mar 29, 2018

西日本の老朽化炉を廃止する

高知県は、西部の高齢化炉の運転を延長するつもりではなく、地域の電力需要の減少により必要な安全投資がうまくいかないと判断した月曜。


愛媛県の伊賀田工場の第2号機は、震災で被災した福島第一原子力発電所を除く原子力発電所が2011年の核危機後に廃止することを決めた9番目の原子炉となる。現在、日本には約40の商業用原子炉があります。


西日本の老朽化炉を廃止する photo


香川県に本拠を置く四国電力の取締役会は、火曜日の臨時会議でこの決定を支持し、1つの原子炉だけを稼動させている。


福島の危機を受けて新たな安全要件が導入されたことに伴い、全国のプラント運営者は、現在の40年を超えてさらに20年間運転を許可するために、操作上の制限。


四国電力が所有する唯一の原子力発電所である伊賀田コンプレックスには、福島原発の前に3基の原子炉が稼動していた。同社はすでに第1号機を廃止することを決定し、昨年9月に開始された関連業務を行っている。


第2号機については、発電量が566,000キロワットと比較的少ないことから、拡張投資には少なくとも1,000億円(951百万ドル)の安全投資が必要であり、収益性の高い事業はないと考えている。


第2号機は、第1号機の運転開始から約5年後の1982年に商業運転を開始した。


第3号機は福島後の国家審査プロセスに合格し、2016年8月に操業を再開したが、定期点検のためにオフラインになった2017年12月に操業を停止する裁判所の差し止め命令が与えられた。


広島高等裁判所の発注に基づき、9月末までに第3号機を再開することはできない。工場から約130キロ離れた熊本県の麻生町。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com