Loading...

Sep 28, 2017

日本の未成年者の性的サービスの90%以上が東京にある



日本の未成年者の女子生徒のデートやその他のサービスを提供している企業の90%以上が東京都と大阪府に集中しているという警察の調査結果が発表された。


Joshi Koseiや女子高生を雇用している114のいわゆるJK企業のうち、70%以上がマッサージやベッド共有などの身体接触を含むサービスを提供していた警察庁による。


そのようなビジネスの多くは、性的サービスを隠しており、売春や性犯罪の原因となっています。 7月には、警察庁が、17歳以下の女児がそのようなサービスを受けることを禁じる同国初の条例を施行した。


警察当局者は、「これはよくアルバイトと認められるが、一部の女の子は性犯罪の被害者になる」と述べた。


警察はJK事業を、女の子がサービスを提供しているか、学校の制服やジムの服を着た女の子がサービスを提供していることを明確に示すものとして定義しています。アンケートでは、高校生の言葉やイメージ、店舗名や広告に入浴剤を使用した企業が含まれていました。


東京のJK事業は78件、大阪は28件で全体の93%を占めています。愛知県は、中部の名古屋を中心に、东北日本の宮城県を中心に、神奈川県と静岡県がそれぞれ1つずつありました。


そのデータによると、72店舗が自店舗を保有しており、うち43店舗が東京にある。東京では、秋葉原地区に14人、新宿に9人、池袋に7人がいました。残りの42事業者は店舗を持たずに営業していた。


サービスタイプ別にみると、81の企業が、身体接触、11人の女の子の観覧または撮影、10人のワインと食事のサービス、2人の出会い系ゲーム、ゲームのデートを含むサービスを提供していました。いくつかの店は、女の子が水着や下着で服を着たバーの形をしていました。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com