Loading...

Sep 26, 2017

日本は北西太平洋で177頭の捕鯨を捕獲する

日本は北西太平洋で177頭の捕鯨を捕獲する photo


日本は、2017年度に北西太平洋の沖合海域で調査捕鯨を行い、合計177匹のクジラを予定通りに漁獲した、と漁業局が発表した。


6月14日に始まった捕鯨任務中、艦隊はミンククジラ43頭とクジラ134頭を捕獲し、胃の内容に関するデータを収集した。データを分析し、調査結果を国際捕鯨委員会に報告する。


また、観測調査では、セイクジラ407頭とミンククジラ61頭が発見されたという。


日本が調査捕鯨と呼んでいるのは他の国々から批判を受けており、捕獲された海洋哺乳類の肉が後に売却されるため商業捕鯨の対象となっているとの見方もある。


5月の漁業局は、2017年度から2028年度の間に、北西太平洋の沿岸海域に沿って年間304頭の捕鯨計画をIWCに提出した。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com