Loading...

Nov 4, 2017

Apple、iPhone Xを発売し、携帯電話販売の勢いを得たい


アップルの待望のiPhone Xが金曜日に世界的なデビューを果たし、店頭に並んで顧客が新機種を手に入れた。


東京の表参道地区にあるアップルストアが午前8時に開店するのに約550人が待っていた


「iPhoneが完全に再設計されたため、私はここに来たが、これはしばらくiPhoneモデルには起こっていなかった」と、神奈川県の大学生が語り始めた。


はじめて有機エレクトロルミネッセンススクリーンを使用するiPhone Xは、iPhone 10と発音され、5.8インチのOLEDスクリーンが装備されています。


贅沢なモデルには、ホームボタンが削除されている間に、顔の認識ソフトウェアによるワイヤレス充電とロック解除が含まれています。日本では、iPhone Xは112,800円(990ドル)で始まります。



Appleは9月にiPhone 8とiPhone 8 Plusを発表した。しかし、2つのモデルの販売は、iPhone Xのリリースを待っている多くの顧客がいるため、遅いままです。


iPhone Xを使って、同社は勢いをつけ、韓国のSamsung Electronics Co.を含む中国と韓国のライバルに激しい競争の中で飽和市場を捉えることを挑戦することを目指す。


Appleは10月12日の四半期の売上高を前年同期比11%増の870億ドルにすることを支援すると発表した。


iPhoneシリーズの出荷台数は前年同期比3%増の4,670万台となり、7月には中国の販売台数が初めて増加したという。


日本では、iPhone Xの出荷は、注文を受けてから3〜4週間かかるものの、年末まで需要に追いつくことができません。





©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com