Loading...

Dec 11, 2017

東京地下鉄のテストでは、妊婦がチャットアプリで座席を確保できるようにする

東京都内の地下鉄通勤が、妊娠中の女性のためにチャットアプリを利用して喜んで乗客に席を譲らせるような新しいシステムを導入するテストが始まった。


地下鉄の銀座線では、東京メトロ、大日本印刷、大日本印刷が金曜日まで、ラインメッセージングアプリを利用したサービスと大日本印刷が開発したシステムの実現可能性を確認している。


この3つの会社は、妊娠中の女性と女性のための座席を提供したいと考えているが、スマートフォンを見ているために存在を気付かない乗客と結びつけることを目的としている。計画を発表した。


東京地下鉄のテストでは、妊婦がチャットアプリで座席を確保できるようにする photo


テストでは、妊娠している女性は、特別なライン口座に「サポーター」として事前登録した人々にメッセージを送ることができます。メッセージは列車の近くにいる人にのみ届き、正確な場所を指定して女性にアプローチさせることで、座席を提供することができます。


このサービスの発展は、低出生率に直面しており、急速に高齢化している人口を抱えており、より母性的な社会を作り出す必要性に苦しんでいます。


「このサービスを実用化することにより、妊娠中の女性だけでなく、障害者や高齢者にも役立つシステムの構築を目指しています」と大日本印刷の関係者は述べています。


テストは、東京都心を通る銀座線で、1日8列車の最後の車で実施され、システムが妊娠中の女性が座席にどれほど効果的であるかを確認する。


サービス開発者は、妊娠中の女性が妊娠中の札を持っている妊婦が、信号送信装置を内蔵したタグのボタンを押すだけで座席を探してメッセージを送るシステムをつくることを最終的に目指しています。



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com