Loading...

Mar 12, 2018

日本は三重災害から7年をマーク



日本は、2011年に大地震と津波の7周年を迎え、1万8000人以上が死んだり失われたりして、最悪の核災害の1つになった。


3月11日に発生した大震災で始まった三重災害の後、約73,000人がまだ故郷に戻っていない。


波は、太平洋沿岸の福島第一原子力発電所を包囲し、原子炉の冷却に必要なポンプの運転に必要な緊急発電機を無効にし、地震後に水素爆発と放射性物質の放出を引き起こした。



午後、安倍晋三首相、秋篠宮皇太子、明仁皇后両息子、災害救助隊員が出席し、午後2時46分に沈没する見通しで、国家主催の記念式典が東京で開かれる。大規模な地震が発生したとき。


7年後でさえ、災害被災者の生活を再建するための課題が残っています。岩手県、宮城県、福島県で最も被災した3県の仮設住宅には、まだ7000世帯が住んでいる。


避難世帯の計画されている3万の公共アパートの90%以上が建設されており、残りは来年3月末までに完成する予定である。


しかし、一時避難住宅を離れ、不慣れな場所で新しい生活をスタートさせたい避難者はほとんどいない。



災害に遭った原子力発電所の近くに住んでいた人々が故郷に戻ることを可能にするために、汚染除去などの取り組みが行われています。


しかし、核施設周辺の多くの地域で避難命令が取り下げられたとしても、現在、被災国の約5万人は、原子力問題などの理由で、福島県以外の地域に住んでいる。


原子力発電に関する安全性の懸念は依然として強かった。金曜日、野党4党は共同して、日本のすべての原子力発電所で停止命令を出した。


その努力を支援することは、政界から退いて原子力発電の強力な反対者になった元首相の小泉純一郎です。


しかし、安倍首相が原発政策を維持する中、「ゼロ原子力発電」法案が成立する可能性は低い。現在、国内の45の商業用原子炉のうち稼働中の3台に加えて、オフラインの原子力発電所を再開することを目指している。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com