Loading...

May 3, 2018

東京は麻生によって麻痺する可能性がある。富士山の噴火:政府報告



【東京=共同通信社の報道によると、日本の最高峰である富士山は、東京で火山灰を雨に降らせ、麻痺状態に陥る可能性があるという。


報告書は、住民を避難させ、ブルドーザーをクリアな道路に配置することを含む、このようなシナリオのための緊急時計画を策定するための基礎となるだろう。


富士山富士山は、東京都心から約100キロ離れた活火山です。歴史的記録は、781年以来少なくとも10回の大規模噴火を経験したことを示しているが、1960年代から火山活動の兆候を示さなかったのは3世紀前である。


この報告によると、灰が10センチ以上も東京の23区に落ち、道が無駄になり、900万人以上の人口を抱える大都市圏、物流、人口の流れが止まる市の適切な場所で。


(富士山の火山噴火口)


灰分がわずか0.5cmのため、自動車の機械的な問題を引き起こし、特に目や肺に悪影響を及ぼします。 1cmを超えると、大規模な停電や水ろ過システムが失敗する可能性がある、と同報告書は警告している。


日本は太平洋の「火の鳴り」にあり、国の気象庁によると111の活火山がある。


もう一つのピーク、Mt.九州南西部の島のShimmoeは、灰の層で周辺地域を覆い、地元の農業観光産業に打撃を与えている3月初め以来、フィット感とスタートで噴火しています。


4月には、また、九州のイオも250年ぶりに噴火した。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿