Loading...

Nov 16, 2017

元米勤労者が沖縄の女性を殺す意図を否定

昨年4月に沖縄で20歳の女性を強姦し殺害したと非難された元米民間人の元従業員が、木曜日に裁判所の審理を開始する意向を否定した。


しかし、33歳のケネス・フランクリン・シンツァト氏は、那覇地方裁判所でレイプ容疑で死刑判決を受け、被害者の遺体を放棄した。


殺人事件は、日本の米軍施設の大部分を占め、米軍や軍事関連の人員が犯した犯罪の嵐を見た沖縄で、国民の怒りを引き起こし、反米基調を強化した。



同氏は、昨年4月28日午後10時ごろ、沖縄中部のウルムマの道路で彼女を強姦する目的で、女性を強打したと発表した。バーで頭に彼女を殴った後、彼はナイフで首に刺し、抵抗しないようにして彼女を殺した。


彼はアメリカ海兵隊の後に事件の時に民間の基本労働者として働いていた。


聴聞会では、検察側は新三元容疑者が犠牲者の首を複数刺したことを暗殺したと主張したと主張した。彼らはまた、身体を運ぶためのスーツケースを準備していると計画的な犯罪だと言った。


裁判官制度の下で、地方市民は専門裁判官と一緒にその事件を聞くでしょう。 12月1日、判決が下される。


地方裁判所は、柴田俊博裁判官が主宰し、金曜日に被告人からの声明を受ける予定である。犠牲者の父親も裁判で意見を述べる予定です。


沖縄では、1972年5月、戦後の日本の統制に復帰した昨年12月、そして昨年12月の間に、殺人、強盗、強姦など576件の凶悪犯罪が米軍関係者によって犯された。都道府県、地方警察などがあります。


1995年に3人の米軍兵士による12歳の女子学生のギャング・レイプに続いて、沖縄からの米軍基地の撤去を主催者が推定した大規模な集会が開催された。


米軍機を含む一連の事故により同島の反米基地の感情が高まり、その間に709人の事件が発生した。



©KYODO


By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com