Loading...

Oct 31, 2017

ユニバーサルスタジオジャパン、2018年から夜間パレードを再開

大阪在住のユニバーサルスタジオジャパンが、海外観光客や国内訪問者を引きつける取り組みの一環として、1年半の休暇を経て、2018年から夜間パレードを再開すると発表した。


投影マッピングを使用して、ハリー・ポッター、ミニオン、その他の映画シリーズのシーンを浮遊体と587メートルの長さの経路で表示し、ロボットのような形のトランスフォーマーの浮遊体を体験者に体験させることができます。


光と音を組み合わせた新技術により、Universal Spectacle Night Paradeプロジェクトは70億円以上の費用がかかります。



USJ社最高経営責任者(CEO)のジャン・ルイ・ボニエール氏は、新しい夜間パレードは期待に反し、興奮していると語った。


公園では、夜間のパレードが2009年から2016年にかけて開催されました。ハロウィーンなどの過去のイベントが人気を博しているため、開催を再開することに決めました。


一方、東京ディズニーランドのオペレーターは7月、夜間東京ディズニーランド・エレクトリックパレード・ドリームライトを復活させ、約11億円を投資し、ディズニーアニメーション映画「フリーズ」のキャラクターを加えた。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿