Loading...

May 9, 2018

京都の寺院で臭気の原因と疑われる動物忌避剤

京都議定書で、京都議定書の寺院で喉の痛みを訴えてきた強い化学臭が、近くの動物忌避スプレーによって引き起こされた可能性があるという。


地元の当局者によると、訪問者が喉に苦情を言い、水曜日の午前中に他の痛みを訴えた頃、南禅寺近くの唐辛子に含まれるカプサイシンを含むスプレーを使用した。


警察は、事故を起こした職業過失の可能性のある事件を調査しているという。


京都市は野生動物のおかげで、山の近くにある寺院の周りにフェンスを立てていました。カメラが4月下旬に猪の画像を撮った後、請負業者は水曜日に敷地を調べ、塀の下で掘った穴を見つけて、午前11時20分ごろに忌避剤を噴霧することを決めた、と同氏は述べた。


その後24人が喉や痛みを訴え、そのうち4人が病院に運ばれた。


「刺激的な臭いの原因はまだ特定していませんが、住宅地に近いところで強力なスプレーを使用することは不適切です。


寺院は来週水曜日に訪問客に門を閉めたが、敷地内で不審な物を見つけて翌日再開した。


1291年に開かれた寺院は、紅色禅寺の南禅寺の寺院である。


(動物のスプレーは先週南禅寺をかき乱した化学臭を引き起こしたかもしれない)



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿