Loading...

Mar 3, 2018

小田急線列車の大きな変化

今週中に新宿駅に行ったことがあるなら、「新小田」のポスターや看板がたくさんあるかもしれません。


小田急線列車の大きな変化 photo


3月17日、小田急を走る列車の数は、27時間から36時間にかけて大幅に増えます。これは、下関をはじめとする世田谷大田駅と東北沢駅の間の新しい鉄道路線 - 現在、唯一のプラットフォームと新宿に向かうトラックと新宿に向かったトラックのセットを持つ喜多澤は、トラック数が2倍になる。小田急は軌道を上げたり、地下に置いたりするなど、数年前から軌道と駅を改良してきましたが、これは大変変わった小田急線の最後のセクションです。


列車の軌道と列車のこの増加が意味するところは、うまくいけば列車の混雑が少なくなるということです。小田急線は、世界一の駅(代々木上原)の35番目の駅を通り、世界で最も混雑している駅(新宿区)にあります。また、日本の鉄道車両容量では、最も忙しい10のセクションの1つを持っています。


ここでは英語オンラインで入手できるスケジュールを見ることで見ることができる最も大きな変化のいくつかは、ピーク朝のラッシュアワー時間に多くの列車に女性車を導入すること、そして接続する列車数の増加新宿に行くのではなく、千代田線に直結。私の駅にも急行列車があります。これまでは、仕事場に出入りするための地元の列車しかなかった。


代々木・上原でつながる小田急と千代田は時折苦労して東京に住んでいた5年間でも混雑しています。遅れは、事故ではなく、特に午前中に「渋滞」によって引き起こされることが多い。うまくいけば、これらの新しい変化、この「新小田急」は、すべてのことを助けてくれるはずです。



小田急線列車の大きな変化 photo


By TheHikingAlto
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com