Loading...

Jan 16, 2018

N. Koreaの可能性が高い、転覆した木製ボートに7体が見つかりました



北朝鮮からの船舶が日本海沿岸に浮上し続けていることから、石川県の漂着した木造ボートに7体が発見された。


先週水曜日、金沢で16メートルのボートが発見された。ボートの中の小さな部屋の中に横たわっている7人の男性の体は、大部分が腐敗していた、と警察は言った。


警察はまた、北朝鮮の末、金日成(キム・イルソン)と金正日(キム・ジョンイル)の肖像画と、ハングルの手紙を入れたたばこ箱を刻印したバッジを見つけた。ボートの検索は悪天候により遅れていた。



警察と海上保安庁は、先週水曜日、ボートが陸揚げされた場所から約15メートル離れた別の遺体を発見した。剖検では、男性は30代から50代の男性で、昨年9月ごろに死亡したという。


警察は、7人の他の団体に対して剖検を行う。


海上保安庁によると、2013年に比較可能なデータが入手可能となったため、昨年、北朝鮮船の到着が疑わしい事件が昨年最高104件に増加した。


近年、北朝鮮のボートが日本海のイカやカニの豊富な漁場で操業しており、冬季の荒れた海況によりボートが転覆した可能性があるという海岸警備当局の関係者も述べた。



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿