Loading...

Jan 21, 2018

日本のコンビニエンスストアが健康ブームに参入



日本のコンビニエンスストアでは、高齢者の健康を守るために、食事の量を減らしたり、場合によっては専門的な栄養アドバイスを提供するなど、健康増進を目指しています。


ローソンは、1月中旬に、東京都心の繁華商業地区である丸の内にポップアップショップをオープンしました。この店では、健康に配慮したビジネスマン向けのスナック、お米、パンなどの炭水化物が少ない製品を中心に展開しています。


店内には弁当ランチ、サラダ、飲み物など約250アイテムがあります。プラカードは、特定のタイプの顧客に対して9つの食事の組み合わせを提案します。たとえば、「一日を通して積極的に働きたい」という人のための1つの朝食オプションは、サンドイッチ、緑のスムージー、硬い卵で構成されています。


仕事の後に近くの皇居の周りをジョギングする予定の人々のための示唆された夕食は、米の代わりに切り取ったカリフラワーと一口の大きさのフライドチキン片を含むケーマカレーのプレートを特徴とする。認定栄養士である店長も食事の習慣について顧客にアドバイスしています。


この動きは、健康関連の製品とサービスのための日本市場の拡大を捉えています。全国のフィットネスジムの利用者数は増加傾向にあり、2016年には前年比で9.3%増の2億4800万人を記録しています。政府の統計によると、フィットネスジム業界の収入は同年比4.4%増となった。


日本の繁栄している人口は、若い世代がコンビニエンスストアを利用しているよりも、一般的に健康を心配している高齢者が多いことを意味します。



ローソンのCEO、武満禎信氏は、開店イベントで、2月24日までに開店する予定の店舗は、病気や障害がなければ生きられる年数を増やす努力の一環だと語った。


「100歳以上の人々が生きる時代を迎えていると言います。私たちは人々の健康寿命を伸ばすことを願っています。彼の会社はポップアップストアで購入データを分析し、新製品や店舗レイアウトを開発すると付け加えた。


ローソンだけでは市場のこのセクションを追い求めることはありません。ライバルファミリーマートは、2016年以来、フィットネスジムチェーンRizapと協力して、スリムに見える人々のための食品を販売し、最近、低炭水化物インスタントラーメンとプディングを含む新しいラインナップを発表しました。


一体化したドラッグストアを持つファミリーマートのお店でも、栄養面でのアドバイスを提供しています。


同国最大のコンビニエンスストアであるセブン - イレブン・ジャパンは、買い物客がより健康的な選択肢を選ぶことを容易にするために、その食品の栄養価をパッケージに明記しています。



©KYODO


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿