Loading...

Oct 25, 2017

ソニー、AIを搭載したリモート駆動車を開発



ソニーは先進的なセンサー技術を駆使して遠隔操作可能な電気自動車を開発し、周囲の360度の画像を撮影し、人工知能を搭載したと同社が火曜日に発表した。


SC-1は長さ約3m、高さ2m弱で3人の乗客を収容するもので、道路用に設計されておらず、ゴルフ場やショッピングモールなどのレジャー施設で人を輸送することができます。


ハイエンドのデジタルカメラに使用される5つのセンサーを搭載しており、どこからでも車を運転したり、お客様や顧客を輸送したりできるオペレーターにイメージを中継します。


この車両はAIを使って、近所を歩いている人々の年齢と性別を識別して、4つの側面のそれぞれにある55インチの超高精細4Kディスプレイで人口統計特有の広告を表示することもできます。例えば、若い親のためのおむつの広告同社関係者は、赤ちゃんと話した。


乗客は、オンボードコントローラとディスプレイを使用して車両を自ら運転することもできます。インテリアディスプレイは、例えば、ゴルファーが次のホールに向かうときにコンピュータ生成の恐竜をフェアウェイに重ね合わせることにより、拡張現実感を実現することができる。


試作品は現在沖縄科学技術大学院大学で試験されています。同社の役員は、より広範な使用のためのタイムラインについてコメントすることを拒否した。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿