Loading...

Nov 25, 2017

日本は外国人観光客の長期滞在のためのホテルの増加を見ている

東京在住のホテルオペレーターが月曜日に首都圏外に最初のホテルをオープンしたことで、外国人観光客の増加が続く中、中長期滞在のホテルが数多く建設されています。


日本は外国人観光客の長期滞在のためのホテルの増加を見ている photo


東急ステイは東京にある17のホテルを運営していますが、京都に9階建てのホテルをオープンし、洗濯機と電子レンジを備えた113室の客室とキッチン付きの客室を提供する予定です。


数日間または1週間滞在する予定のお客様も歓迎します。


京都の後、ホテルオペレーターは北海道と福岡の札幌にホテルをオープンし、沖縄県の那覇だけでなく大阪でもビジネスを開始することを検討しています。


同社の社長である高谷博吾は、「観光客や企業からの要望を受け入れたい」と語った。


同様の動きで、ダイワ・ハウス・グループのユニットであるダイワ・リビング・マネジメントは、2016年8月に札幌に長期滞在型ホテルを開設し、住宅建設会社の積水ハウスは春に東京の富裕層顧客を対象にホテルを開設する予定です2020年にシンガポールの不動産会社と手を組んでいます。




©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com