Loading...

Sep 20, 2017

日本、米国、ミャンマー難民危機への懸念を表明


ニューヨークと日本は、ミャンマーのロンギニアのイスラム教徒難民問題をめぐってニューヨークで懸念を表明した。


河野太郎外相は、「人権と人道的な状況、人民の疑いのある殺害、現実には40万人が難民として移住しているという事実に深刻な懸念を抱いている」と河野太郎外相は記者団に対し、 。


一方、米国務長官のレックス・ティルダーン氏は、ミャンマーの首脳とアウンサンスーチー氏との電話会議の危機に関連して、「人権侵害と違法行為の深刻な疑惑」に対処するよう、ミャンマー政府と軍に要請した。


政府がミャンマーの行動を批判している国連総会のためにニューヨークで開催されたコノは、バングラデシュ外務大臣アブ・ハッサン・マフムードにバングラデシュの難民受け入れに対する感謝の意を表明したと述べた。


彼は、日本がミャンマーとバングラデシュへの緊急援助に最大4百万ドルを「今後の日に提供する」と述べた。


しかし河野氏は、最新の暴力事件の噴火を引き起こした武装勢力によるミャンマーの治安部隊に対する攻撃を非難することも明らかにした。


米国防総省は、スー・チーとの会談で、ミャンマー政府と軍に、被災地の被災地への人道的援助を促進するよう促したと発表した。


首脳会談後、スー・キー容疑者は、この日の人道危機に関する最初の公的声明で、軍隊の中で何十万人ものロヒンギャ・ムスリムが逃げたラフヒン州の平和と安定を回復することを約束した一掃。


ロヒンギャの窮状への穏やかな反応で火事にさらされたノーベル平和賞受賞者のスー・キーは、世界のリーダーの毎年の集まりをスキップした。


近年、バングラデシュに逃げたロヒンギャ(宗教勢力や村落が荒廃したことによる残虐行為の報告)のなかで、ロヒンギャはバングラデシュに逃げてきた。


国連人権高等弁務官Zeid Ra'ad Al Husseinは、開発を「民族浄化の教科書の例」と呼んでいる。


©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿